戦国時代 浄土真宗の中興の祖と仰がれる蓮如上人が

布教の拠点としたこの長浜の地

本願寺は信長と最後まで戦ったことで知られる

時代は下り江戸時代初めに教如上人が

家康の許しを得てここに大谷派本願寺を建立した

それが今でも堂々と威容を誇る長浜別院大通寺の伽藍

 

北国街道から少し東にある大通寺の門前通

今でも古い町並みが続いています

正面は山門(市指定)

建立は江戸後期の1812年

 

境内を見る

右は本堂(重文、桃山~江戸初期)

中央左寄りは広間(重文、桃山~江戸初期)

その手前にある玄関は1760年の増築

ともに当初の建築が残り見ごたえがある

 

境内から山門を見る

こちらから見ると大建築です

その向こうに門前通が見えます

 

下は広間内部

奥手2間は上段とし

床の間、棚、書院、帳台構を備え対面所の機能を持ち

真宗建築独特の空間構成となっている

国宝の京都西本願寺書院の対面所とよく似た構成で

保存状態もよく貴重な遺構です

床 棚 書院を備える

 

帳台構