田園のコートハウス

稲作が盛んな田園地帯に建つ住宅で、夏は稲穂の美しいグリーンに囲まれ、
一昔前はどこにでもあったのどかな風景です。敷地は標高が低い為かさ上げをしました。
主要な部分は平屋建てとし、中庭を囲うように玄関、和室、リビングダイニングなどを配置。
そのためどこにいても明るく気持ちのよい住まいとなりました。
リビングや和室、玄関からは、前庭の植栽や木製の格子塀を通して水田風景の眺望がえられ、
見ていると穏やかな心地よい気分になります。
素材とテクスチャア及び各部のディティールにこだわり、
それぞれの場にメリハリをつけ、ときには空間に彩を添える。
車庫と玄関や勝手口はスロープで結ばれ生活の利便性とともに将来への備えとしています。
クライアントのお人柄のおかげで、本当によい住まいが出来たことに感謝する次第です。

こちらでも紹介しています オ本設計アトリエ 田園のコートハウス

自由が丘のコートハウス

愛知県名古屋市の東側に位置し、緑が多く、豊かな街並みの丘の上にあります。
敷地は南西角にあり、もともと南側道路から2m以上の敷地との高低差があった、
その敷地の特徴を活かすべく地階をガレージとし、ガレージの屋上にコートをつくり、
コートを取巻くようL字型に建物を配置。
このことによって、南道路からは一段上がり、西側道路からは建物で守られ、
居心地の良い包まれるようなコートを作りました。
この庭を楽しむべく、木製のフルオープンサッシ、オーニングテントや屋上緑化、
外部スピーカーなどを取り入れ、アウトドアリビングとして庭を楽しむ暮らしを実現させています。

こちらでも紹介しています オ本設計アトリエ 自由が丘のコートハウス

名古屋のコートハウス

街の中心部より少し離れた閑静な住宅地に建つコートハウスです。
広々とした敷地のため、建築とコートのそれぞれに充分なゆとりを持たせ、
外部と内部の程よい距離をつくることができました。
周囲の山や隣地の緑を取り込むことによって、コートの緑がどこまでも広がりをみせてくれています。
家のどこで生活をしていても木漏れ日や、風によって揺れる木々など、
自然の豊かさを感じることができ、ダイニングから半屋外空間へと天井が延びていき、
天気の良い日には外で食事をしたり、バーベキューをしたり、
コートがもうひとつの部屋として機能しており、生活を豊かにしてくれています。

こちらでも紹介しています オ本設計アトリエ 名古屋のコートハウス

田園のコートハウス

直交する二つの道路に面する細長いL字型の敷地。
自営の既存の店舗、周辺隣地も2階建て、3階建ての店舗や事務所に囲まれる厳しい敷地条件ですが、
敷地幅のほぼ半分だけを囲い細長い建物を配置し、残りの半分をコート(中庭)にしました。
T字型プランの建物と二つのコートからなる住まいは、厳しい敷地でありながら、家中のどこの場所もコートに面し
太陽の光、爽やかな風を享受し、外部空間を取り込むことができました。
最初のコートの一番奥に配した玄関を入ると、2番めのコートが正面に。
視線、光、風が抜け、気持ちよい空間となっています。

こちらでも紹介しています オ本設計アトリエ 田園のコートハウス

吉良町のコートハウス

道路に面した側に開口部の少ない壁をつくり、建物の内部に庭を設ける、ヨーロッパでもよく見られるコートハウス。
プライバシーを確保し、防犯性にも優れたコートハウス。街中にありながら、開放感あふれる空間を実現しました。
空を見上げる中庭をコの字型に囲むように、主寝室、キッチン、そしてリビングがあり、
屋外と室内が一体化するような広がりは、外とは別世界のような静かさ。
家のつくり自体が、インテリアとしても十分に機能しているので、ことさら飾る必要がない。
豊かな暮らしとは、足していくことばかりではなく、時には引き算の発想も大切だということを、
光と風が自由に遊ぶ空間が教えてくれます。

こちらでも紹介しています オ本設計アトリエ 田園のコートハウス

丘の上のコートハウス

ゆるやかな丘陵地帯に広がる閑静な住宅地。建物は約5mの擁壁の上。
アプローチ階段を上がると現れたのは、白いタイルの中庭を中心に各部屋がレイアウトされたおしゃれな家。
暮らしの中心は、夫妻の一番の希望だったコート(中庭)
光が満ち風が通り抜ける、居心地のいい「屋外のリビングルーム」。
ダイニングルームとして食事を愉しんだり、友人を招いてのバーベキューパーティー、
子どもがサッカーボールで遊ぶ白いピッチにも!
屋内のダイニングキッチンは、コートと同じ白いタイル仕上げで、広い引き込み扉を開放すれば、
コートと一体になった広々とした空間が生まれます。

こちらでも紹介しています オ本設計アトリエ 田園のコートハウス

久居のコートハウス

グリーンが美しい芝生の丘に伸びるゆるやかなスロープは、道路から住まいの床までバリアフリー。
その先には、木の風合いとシンプルなラインが美しい平屋建てのコートハウスが青空に映えます。
お客様をゆったりと招き入れるかのような深い軒の下を通り抜け、玄関扉を開くと、
広々としたコート(中庭)のシンボルツリーが美しく紅葉した枝をやさしく広げています。
リビング、ダイニングと段差なくつながる、住まいの中央にあるコート(中庭)の他に、
キッチンの南にも大きなコート(中庭)を配し、広い敷地を十分に生かした間取りです。
インターネットで才本設計アトリエのコートハウスを見てお問合せいただいた、
施主の30代のご夫婦のあこがれである「落ちつきのある平屋」のコートハウスを実現しました。

こちらでも紹介しています オ本設計アトリエ 田園のコートハウス

中央台のコートハウス

終の棲家になるであろう家で、年老いてからも快適に暮らせるようバリアフリー構造に。
じっくりとご要望を聞いて、ご主人のご要望で二階につくったオーディオルームでは、
防音構造
で夜間でも気兼ねなく音楽を聴くことができる、至福のひとときを過ごすことができます。 
コートをはさんでコの字型に配置した部屋はどこも明るく、道路からの段差も解消し、
一階はすべて車いすでも移動可能なバリアフリー構造となりました。

こちらでも紹介しています オ本設計アトリエ 田園のコートハウス

津のコートハウス

丘陵地に新築された、広い開口部から自然の趣を最大限に感じられる住宅。
楽しさを享受できる住まいにしたい」ということを主眼に設計されたプランは、ご主人が熱望した趣味室を玄関奥に。
敷地の高低差をうまく利用したスキップフロアにより、 公私の距離感・レベル差をつけ、
程よく分離することで生活のメリハリをつけた住宅となっています。
北側の玄関から一段上がった広いワンルームのLDKは、南北両側に広い開口部があり、自然の中で過ごすという雰囲気。
内外をフレキシブルに使用できるようなつくりでありながら、プライバシーにも配慮し、
外部空間を内に取り込み、自然と一体に暮らすというあこがれをモダンな住宅で実現しました。
「和」がもつ線と面をシンプルに組み合わせて、バランスよく構成しデザインされた住まいとなっています。

こちらでも紹介しています オ本設計アトリエ 田園のコートハウス